塗替えの目安

新築時にどのような建材・塗料を使ったか、ご自宅周囲はどのような環境か、などによって異なりますが、

10年に一度の塗り替えを目安にご検討ください。

劣化が進む前に早めの点検・早めの修繕をすることで、結果的に修繕費用の軽減につながります。

ぜひ一度、ご自宅をよくチェックしてみてください。下記のような症状が出ていませんか?


《 外壁 》

 ヒビ  塗膜のはがれ

 手に白い粉がつく  変色

 汚れ  タイルのヒビ・浮き


《 屋根 》

 変色  色が薄くなった  傷み


《 鉄部 》

 塗膜がはがれ、サビが出ている



◆ 住宅・マンションを例に、起こりやすい劣化症状について、写真付きで詳しくご説明します



ひび(クラック)

塗膜に裂け目ができる現象

→ →  ひび割れを表面で食い止める柔軟性のある弾性塗膜で壁面を覆いかぶせます。


チョーキング現象(白亜化)

壁を触ると白い粉が付く

→ →  カビ取り剤で除去し、防カビ塗料を塗装します。


変色

屋根・壁が劣化し、塗膜表面の色が減退したり何らかの原因で元の色と異なった色に変化する現象

→ →  表面をやすり掛けし、新しく下地処理を施し、中塗り・上塗りを行います。


汚れ

雨水の後や汚れの付着

→ →  高圧洗浄で汚れを除去した後、新しく下地処理をし、中塗り・上塗りを行います。


キズ

→ →  パテ補修後、塗装します。


カビ

湿気の多いところに菌が付着すること

→ →  カビ取り剤で除去し、防カビ塗料を塗装します。


タイル浮き

隙間から雨水やゴミが入り込み、タイルが浮く現象

→ →  タイルをはつり、隙間にシーリングをうつ(ボンドを注入)ことによってモルタルとタイルを強固に繋ぎ合わせ、剥がれ落ちを防止します。その後、新たにタイルを貼ります。


タイルの欠損・剥がれ落ち

タイルにひびが入ったり剥がれ落ちている

→ →  落ちそうなタイルは取り除き、下地補修を行い、タイルを貼り替えます。


鉄部が錆びること

→ →  錆をヤスリで落とした(ケレン)後、錆止め塗料を塗装します。


下記ページでは、建物の各部名称について詳しくご説明しています